News

お知らせ

2016/01/01

Press Release

SPI株式会社と業務提携。システム開発及び中国市場の包括的事業開拓を強化

プリントソルブアジア株式会社(以下「当社」)は、主にSIerとエンドユーザーへの直開発支援を行うシステム開発会社、SPI株式会社(以下「SPI」)と業務提携を締結致しました。

業務提携の背景

SPIは、10年以上のシステム開発で培った様々な分野の知識・技術を活かし、各企業が必要とするソフトウェアの開発とその運営をサービスとして提供しています。
更に、時代の潮流に合わせてWEB開発・スマホ開発などにもサービスを展開し、昨今はロボット開発にも技術者を派遣し、VR/MR、ドローンなど利用した新たなサービス企画・開発においても多数の実績を残しています。

加えて、SPIは、中国遼寧省大連市において、開発子会社である「大連恵承科技発展有限会社」を2014年4月18日に設立し、中国市場におけるシステム開発と運用に関しても注力しています。

DXやグローバル化の潮流の中で、各企業が競争力維持・強化のために新たなデジタル技術を利用して、これまでにないビジネスモデルを展開することが急務となっています。
当社は、本業務提携に基づき、当社のネットワークやノウハウを活用し、日本・または中国市場に対してSPIの技術展開を支援すると同時に、お客様企業の海外展開戦略やDX戦略・新規事業開発に一層取り組んで参ります。

業務提携で取り組んでいく内容

① DX戦略や新規事業戦略推進に伴うシステム導入支援
DX戦略や新規事業戦略を推進するにあたり、システム開発と運用支援は欠かせないバリューです。
当社が独自ノウハウを持つDXや新規事業戦略構築で描いたビジネスモデルを、SPIの広範な分野におけるソフトウェアの開発技術とその運営手法を持って、実現します。

② 中国市場の包括的事業開拓
企業の海外展開が拡大している中、検討されている企業様は、現地でのノウハウがなく、ベンダー選びに不安を感じる、または実際に作業が難航することが多いという問題があります。

SPIの中国子会社である大連恵承科技発展有限会社のサービスによって、中国市場におけるIT提供能力を整備すると共に、企業の海外ITの段階を踏まえた提案を当社より行わせていただきます。結果として、高いクオリティとスピードを持って、中国市場への展開を遂行することが可能です。

③ SES(System Engineering Service)
SESとはシステム開発のフェーズに応じ、必要な期間だけ、経験豊富なIT人材をアサインすることのできる、常駐型の技術支援サービスです。

完成したソフトウェアの品質は、開発を行う人の技術力に依存する部分が大きいと言えます。今回の提携により、SPIが抱える高スキルなIT技術者を、お客様企業先の開発案件へ直接派遣することが可能です。お客様企業にとって、IT技術者の採用・育成にかかるコストを削減できるのみならず、作業の進捗管理・品質管理が容易となるというメリットがあります。

SPI株式会社 概要
本社所在地:東京都中央区東日本橋3-6-18 ハニー堀留ビル4F
HP:https://www.spi-jp.com/
創立:2009年9月17日
事業内容:受託開発, SES
代表者: 代表取締役 木下 賢一

Enquiry

お問い合わせ

ご質問・お見積りのご要望がありましたら
お気軽にご相談ください。